ホーム

クリニック紹介

診療案内

院内設備案内

疾患情報

アクセス

ドキドキと動悸がする

症状と可能性のある疾患

症状

不整脈・心不全・狭心症といった心臓病の場合や、貧血・甲状腺疾患やストレス・過労・不眠などの自律神経の乱れ、不安症状などが考えられます。
脈を触れてみた際に脈がバラバラであれば不整脈が特に疑われます。

胸が痛い

症状と可能性のある疾患

症状

狭心症・心筋梗塞・心膜炎・肺塞栓・大動脈解離といった循環器疾患の場合や、気胸・肺炎・胸膜炎などの呼吸器疾患、逆流性食道炎・胃十二指腸潰瘍・膵炎などの消化器疾患、帯状疱疹・肋間神経痛・筋肉痛などの皮膚・筋・骨疾患やうつ病・不安状態などが考えられます。
狭心症の場合、多くは胸の中心部やみぞおちに痛みを感じますが、放散痛として歯・のど・あご・左肩・腕にも症状伴うことがあります。症状が出やすくなるなどの症状増悪を示す場合や、冷や汗が出る・吐き気を伴う・めまいを伴う・呼吸困難を伴うなどの症状が強い場合も注意が必要です。早めの医療機関受診が必要です。

むくみがある

症状と可能性のある疾患

症状

心不全(心臓のポンプ力が落ちている状態)、腎臓病、肝臓病、甲状腺機能低下症、内服薬の影響、低栄養、筋力低下によるもの、深部静脈血栓症、リンパ浮腫などが考えられます。
体重増加を伴い、息切れを伴うむくみの場合は心不全が疑われます。

めまいがする・意識を失ったことがある

症状と可能性のある疾患

症状

脈が遅くなる不整脈や自律神経反射で急に血圧が低くなるなどの循環器疾患の場合と、内耳(耳の三半規管)に原因があり平衡感覚が悪くなることで起きる場合や、脳の異常によることがあります。
脈が遅めの場合には不整脈による症状の可能性があります。

息切れが強い・呼吸困難がある

症状と可能性のある疾患

症状

心不全・脈の遅い不整脈・脈の速い不整脈・狭心症・肺塞栓症といった循環器疾患の場合や、肺炎・気管支炎・気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患といった呼吸器疾患の場合、貧血・体力・筋力低下といったその他の場合があります。
体にむくみを伴っている場合や夜間に横になって寝ていると苦しくなり、起き上がって休んでいると呼吸が楽になる(起坐呼吸)場合には心不全が疑われます。脈拍の異常があれば不整脈が疑われます。